エステサロンでのスムーズなvio脱毛のやり方

VIOラインは部位によって強い痛みを感じる

自己処理が難しいデリケート部分はエステの光脱毛をすることに | VIOラインは部位によって強い痛みを感じる | 施術後はリラックスできる時間もあり居心地が良い空間と対応

予想をしていたような強い痛みをVラインには感じることがなく、一通りの照射をしたらジェルのふき取りです。
次にIラインになりますがこの時には、上向きのままで片方の足をくの字に曲げての格好でした。
普通に考えるとかなり恥ずかしいですが、とにかくスタッフが手際よくて恥ずかしいなんて思う暇もありません。
光の照射は痛みが少ないんだなと安心をしていたのもつかの間、照射を数回していくうちにIラインは、かなり痛みが強いことがわかりました。
思わずスタッフにヘルプを求めてしまうくらいであり、すぐに照射をストップしてくれて、しばらくは照射も休憩です。
冷えた保冷剤をあててくれ、痛みも和らいでから再度スタートをしました。
少し多めにジェルを塗りますねと、ジェルを足してくれたり、大丈夫ですかと声をかけてくれたり、とてもやさしく接してくれてよかったです。
最後はOラインですが、狭い範囲なのに痛みは強めであり、IラインとOラインは甲乙つけがたい痛みだなあと感じました。
ですがIラインより照射する範囲自体は少しなので、ほんの数ショットで終了です。
vio脱毛の照射が終わった時、それほど長い時間ではなかったものの、痛みにびっくりしたり少し疲れた感じもあります。
その後は冷却をしてしばらく施術ベッドで横になりましたが、その眠りの時間がとても心地が良かったです。

vio脱毛 やり方VIO脱毛